日本の伝統的な年功序列制度や定年制が崩壊し40代、50代でも失業に直面する男性が増えています。ブルーカラーだけでなくホワイトカラーの中年労働者も仕事が見つからないと嘆く時代。想像したくはありませんが失業時にやるべきことを考えていきます。

大手や役職付きの人ほど危ない

日本におけるホワイトカラーの労働者はほぼ正社員待遇ですので、40代でそれなりに社内での在籍が長い方は役職がついていたり基本給もそれなりのものをもらっている方が多いでしょう。年収でいうと500〜700万円程度は欲しいところかもしれません。場合によっては1000万に手が届く方もいるでしょう。

自主退職の場合は、健康上の問題、会社との方針の違い、待遇に対する不満などが退色の原因として挙げられます。退職にあたって覚悟をしないといけないのは、管理職や役員待遇での転職でもない限り、元いた職場の給料をキープもしくは上回ることはないという点です。

例えば大手企業で年収600万円だった人が45歳で転職をする場合、年収ベースで500万をキープできれば御の字でしょう。場合によっては400万円程度になることもザラです。

また、大手の場合は福利厚生が手厚く、住宅手当や扶養手当等で給与とは別につき10万円以上補助が出ているという場合もあります。今時転職者にそこまでの待遇を用意できる会社はほとんどないため、実際にはさらに年間100万円程度収入が減っているかもしれません。

ですので、大手や役職付きの40代が転職時に「仕事が見つからない」と嘆く理由は希望の条件が高すぎるからなのです。転職したらこれまでの収入の半分になるかもしれないくらいの危機感を持って転職に臨むべきです。

ブルーカラーは意外に困らない

さてそれとは逆にブルーカラーの労働者は意外に困らないという状況もあります。元々の収入ラインが低いため、そこまで転職時に選り好みをする必要がないということ。あと、現場系の仕事の人気がないため、経験と技術のある中高年の求職者を喉から手が出るほど欲しいという状況もあります。

これまでの経験を生かしすぐに独り立ちできるような40代のブルーカラー転職者は人手不足の会社の即戦力になり、すぐ前職の給与を上回ったという話も聞くことがあります。ただ、これはあくまで資格や特殊な技能、経験が豊富な場合です。

40代の転職者が転職活動時に考えるべき4点

上記の比較を元に40代の転職者が向き合わなければいけないことを考えてみます。

自分本来の実力を冷静に評価する

まず、転職時にはあなたの能力=給料という評価をされるということです。例えばホワイトカラーの場合、大手であればあるほど会社の実力で仕事ができていた、給与が高かったという側面はどうしてもあります。ですので、あなた自身に一体どのような能力があり、結果にコミットすることができるのかということを明確にしなければいけないのです。

勇気を出してあなたの能力、経験を棚卸しした結果、実は今の会社の外に出て普遍的に役立てられる能力がほとんどないという方もいるかもしれません。厳しいことを言うようですが、そうだとしてもそれがあなた本来の実力です。その場合は、冷静にどの程度の会社なら活躍できるかと言うことを考える必要があります。

自分にできることは何かを考える

「転職先の希望はこれまでの年収をキープできる会社」と言うのでは相当辛い転職活動になることが目に見えています。条件が良ければ良いほど優秀な人材が集まりますし、同じ能力の中から一人を選ぶのであれば若い人を選ぶ会社の方が多いからです。

それよりはあなたにできる仕事からピックアップしていった方がいいでしょう。例えば営業会社で若い社員のマネジメント経験が豊富と言うのであれば、チームリーダー職を募集している会社はあっていると言えるでしょうし、経理部門の社員であれば同職種で探すのが一番早いと言えます。もしかすると平社員からのスタートになるかもしれませんが、贅沢は言わない方がいいでしょう。

あなたの能力が仕事上で発揮できれば、昇格も昇給もします。会社としても40代の平社員というのは本来扱いづらいはずなので、能力があれば早めに昇格させたいのです。

給料は最低ラインを決める

これまでの会社の給料をキープできる可能性というのは、元々が高ければ高いほど低くなります。ですので年収600万円であれば450万、年収500万円であれば350万というように転職して入社時の最低ラインの給料を妥協する必要があります。

失業期間はなるべく短く

もし退職後に初めて転職活動をする場合。失業保険が出る間にゆっくり決めればいいかといいうのは危険です。失業保険をフルでもらうことなど考えずになるべく早く決めましょう。転職活動が2ヶ月で終われば、それだけ新しい会社で昇格するまでの期間を短くできるわけです。40代の男性にとって半年、1年のロスは致命的です。

まとめ:40代の転職は年収ダウンの覚悟は必要

40代男性が転職する場合、年収大幅ダウンはほぼ避けられません。そこを受け入れた上で、自分に何ができるかということを考えて転職活動に臨みましょう。