現代の社会人は毎日がストレスでいっぱいです。ストレスを上手に解消して、心の健康を保つことは必要なスキルと言えるでしょう。ストレスの解消方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

ストレスの原因を考える

ストレスの解消方法を考える前に、あなたのストレスが何由来のものか分析したほうがいいでしょう。ストレスに応じて適切な解消法を選ぶべきです。

 

対人関係によるストレス

おそらくこの種類のストレスが最も多いでしょう。対人関係のストレスがなぜ多いかというと、自分でコントロールすることが難しいからです。対人関係のストレスは対人関係で解消とばかりに、自分より弱い人に向けて当たり散らす人がいますが、評判を下げるのでやめましょう。

 

環境・疲労によるストレス

仕事をする場所や住まいの環境はもちろんですが、仕事自体・行動自体がストレスになっている場合もふくみます。これは比較的自分でコントロールしやすいストレスなので、計画的に改善することを考えましょう。今ただしある環境を放置して逃亡するのは、解消できない不安を抱える可能性があります。

 

対人関係によるストレス解消法3選

対人関係でストレスを抱えている場合どのように解消すれば良いのでしょうか。効果の高いと言われている方法を紹介します。

友人と長電話

対人関係の愚痴を友人に長電話で聞いてもらうのは有効なストレス解消法です。人に話すことで、頭の中も整理され、単なるストレス解消というよりは、問題解決に向けた道筋が整理されますし、友人からアドバイスも受けられるかもしれません。対人で受けたストレスは共感も得やすいです。

友人と飲みに行く

対人関係の愚痴を肴に友人と一杯やるのも良いでしょう。会話という意味では長電話も同じですが、対面で気の許せる友人と飲み食いをしながら話すのはより楽しいものです。美味しいお店で気分よく酔っ払ってストレスを吹き飛ばしましょう。飲みすぎて翌日自己嫌悪にならないように注意が必要です。

ストレスの内容を書き出してみる

長電話をする友人も飲みに行く友人もいない場合でもストレスの内容を書き出してみることで、人と会話しているのと近いような状態を作ることはできます。頭の中の悩みを書き出すことで、問題が整理され、対策を見つけやすくなるのです。

環境・疲労によるストレス解消法4選

環境によりストレスを抱えている場合、どのように解消すれば良いのでしょうか。効果が高いと言われている方法を紹介します。

作業時間を短く区切る

長時間の仕事や大掛かりな作業が大変でストレスが溜まる場合、作業時間を短く区切って細かく休憩を挟むことでストレスを軽減することができます。30分程度仕事をしたら立ち上がって5分休憩を挟むことで体の血流が良くなります。

コーヒーを飲む

コーヒーを飲むことで副交感神経を刺激してリラックス効果があります。また、カフェインに含まれているセロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンは軽度の抗うつ剤としてうつ病防止の効果があります。コーヒーを1日に4杯以上飲む人は飲まない人に比べて自殺率が50%程度低いというデータもあるのです。ストレス防止に大変効果がある飲み物です。

とにかく寝る

疲労が回復することでストレスも一緒に解消される場合は多いです。ストレスが溜まり頭が働くなくなる、気持ちが暗くなるのは睡眠時間が足りていない可能性があります。ストレスが溜まってきたと思ったら、思い切って早く寝ることも有効です。毎日の最低睡眠時間としては5、6時間は欲しいところです。

ぬるいお風呂に長く浸かる

38度程度のお風呂に長く浸かるのも有効です。ストレスが溜まる=血行が悪くなっている場合もありますので、全身の血行促進をし代謝を高めることで塞いでいた気分もスッキリする可能性があります。

甘いものを食べ過ぎるのは逆効果

ストレスを解消するために甘いものを食べまくるという方がいます。糖分は脳を活性化させる働きがあるため、チョコレートを食べたら元気になる、仕事を頑張れるという場合も当然あります。

しかし、糖分は脳の機能をブーストしているだけなので根本的なストレスの解消にはなりません。一時的にハイになっているだけなのです。そして、脳に糖分を与え続けると欲する量がどんどん増えていき、最終的には灰になる効果もなくなるかりか糖尿病の原因になります。

ストレスに任せて甘いものを食べ過ぎるのは危険です。

まとめ:ストレス解消は対症療法でなく根本的な原因を見つけよう

ストレスを解消するために買い物をしよう、旅行に行こう、ジムに行こうなど快楽によって解消する方法はよく紹介されています。しかし、それだと対症療法なので、根本的なストレスの原因が解決しない限り砂漠に水をやるようなものです。ストレスの原因をしっかり分析した上で、適切なストレス解消法をとりたいものです。