好感度を上げるにはどうしたらいいのかな…と思いながらも、方法に悩む人はとても多いですよね。今回は、好感度を上げる方法についてお伝えしていきますので、ぜひ試して気になる相手を振り向かせるために行動してみましょう。

清潔感を与える

異性に対してのチェックポイントとして言われているのが、清潔感があるかどうかです。清潔感を意識すれば、相手に良い印象を与えやすいでしょう。

身なりについて

着る服について、自分の好きなファッションをするのも大切ですが、清潔感を意識するのも必要に。例えば普段いつも同じ洋服を着ていると、相手に清潔感を与えにくくなってしまう場合もあります。黒が好きな人もいますが、清潔感を与えるためには黒をファッションの一部に取り入れるだけにして、全身黒というのは避けるようにしましょう。

少し落ち着いた色合いが好きな人なら、紺色やブラウンなどを取り入れると良いですね。

ヘアスタイルについて

ヘアスタイルは、自分の気に入るスタイルにしたいもの。でもあまり奇抜なものになると、異性から引かれる原因になってしまうのです。個性的と思い、そうする人もいるかもしれませんが、一緒に隣で歩いたとしたら…と想像をした時に、ちょっと無理だと思われてしまう可能性も。

女性の長い髪について、男性は憧れを持つ傾向があります。でも髪の手入れができていなくて、傷んでいるように見えると男性はがっかりするでしょう。

ヘアサロンにてトリートメントをしたり、ヘッドスパをしたりして髪を綺麗に保つようにするのが必要です。

靴について

靴の先について、チェックをする人は案外多いもの。どんなにブランドものの高価な靴を履いていても、靴先が汚れていると全てが台無しになってしまうのです。

清潔感を与えずに、不潔な印象を持たれてしまうかもしれません。できるだけ清潔感をアピールするには、靴の手入れにも気を遣うようにしましょう。

気に入った靴を履くのは構わないのですが、綺麗な状態で履いていくことが大切です。特にデートの時などには、更に靴を綺麗にしてから会うように意識しましょう。

話し方がとても大切!

相手と話す時に、好感度を上げる方法があります。どのような話し方なら好感度を上げやすいのでしょうか。

早口にならない

高揚をすると、つい早口になる人も。でも聞き取りにくいと感じると相手を疲れさせてしまうのです。かといって、あまりスローペースに話すと相手をイライラさせてしまうかもしれません。相手の話すペースを知ったうえで、ある程度落ち着いたペースで話せるようにしてみましょう。

早口になって、相手が何度も聴き返さなければいけない状態では、また今度会いたいとは思われにくいもの。でも話していてちょうど良いペースだと感じると、相手は居心地の良さを感じることができるのです。

声が小さいのはNG

場所にもよるのですが、声が小さい人に対しても相手は「えっ?聞こえなかったのでもう一回」と言わなければいけないことに。これを何度も続けると、一緒にいるのが苦痛になってしまうのです。でも緊張から声が小さくなってしまう時がありますよね。

こういう時には、最初の段階で「緊張してしまって…」と言うようにしましょう。だから声が小さいんだと分かれば、相手がフォローをしてくれるケースもあります。自分自身が緊張をしたとしても、下を向く時間をあまり作らずに、顔をあげるように意識しましょう。

緊張しながらも、頑張ってくれていると思うと相手から見て好印象になる可能性が高いのです。

声が大きい場合

声が大きい人に対しては、堂々としていて素敵だなと思う場合もあるでしょう。特に男性で声が大きい人は、自信があり頼もしく感じると女性が思うケースも。でもこれにも程度があるのです。あまりにも声が大きいと、周りの目が気になってしまう場合もあるでしょう。

はきはきと話すのは大切ですが、声の大きさについては状態を見てコントロールをするようにしたいですね。声が大きくて困ると思っても、相手からはそれを言いづらいもの。自分自身で意識をして好感度を上げるための、声の大きさや話し方についてトレーニングをしてみましょう。

スマホに録音して聴いてみると、自分の声の大きさや話し方がよくわかります。この時の内容は自己紹介のようにしてみると良いでしょう。こういうところに気を付けようと、自分の声の大きさや話し方について分かるはずです。

相手を褒める

相手を褒めるようにすると、自然に相手は「この人は私を理解しようとしてくれている」と思うので、安心感を持つのです。褒められたことで、自信につながるケースもあるでしょう。

内面について褒める

外見について褒めるよりも、内面や普段の行動について褒める方が相手にとって嬉しいと思う場合が多いです。普段から相手をよく見ていて、理解しようとする気持ちが強いと思われるので、褒められた側は嬉しい気持ちになるのです。

自分のことをちゃんと見てくれて理解しようとしてくれる。こう思うと、この人ともっと話してみたいと思うでしょう。でも外見ばかり褒めてくる人は、表面しか見ていなように思うので、その場は「ありがとう」と言いながらも、あまり存在が印象に残らないのです。

性格について褒める時

性格を褒める時には、ただ「〇〇さんは優しいですね」のような褒め方ではなく、「僕も〇〇さんのように、思いやりの持てる人になろうと思います」と伝えるようにしましょう。褒められた側は、優しいと自分で思っていてもこれでいいのだろうかと悩んでいるケースが多いのです。

でも見習いたいと言われると、自分はこれでいいんだと思えるので、とても嬉しいですよね。例えば頑張り屋の人に対して「〇〇さんは本当によく頑張りますよね」と言われても、褒められているのか、よくわからないもの。

「〇〇さんの頑張りのおかげで、今回のプロジェクトが成功しましたね!」のように言えば、自分に自信を持てるようになるのです。自信を持たせられる褒め方を意識しましょう。

褒めすぎないのも必要

褒めるのは大切ですが、あまり褒めすぎるのもわざとらしくなって違和感を与えてしまうので、NGの場合があります。周りが見ても分かるぐらいに褒めすぎてしまうと、周りの目を気にしてしまう人もいるでしょう。

褒める時と、相手を励ます時などメリハリをつけた行動が好感度を上げるには必要なのです。いつも褒めてくる以外何もしない、と思われると退屈な人間のように思われてしまうでしょう。

でも例えば相手の意見や考えが間違っていると思った時には、相手の話をよく聞いたうえで「確かにその考え方もあるよね」「例えば、こういう考え方はどうだろう?」のように言うと、相手に気づきを与えることができます。

この人と接すると、自分にとってプラスになると思うので良い印象を与えやすいのです。いつでも肯定をするばかりが愛情ではないと、こちらが理解するようにしたいですね。

まとめ

好感度を上げる方法としては、相手をよく理解する努力をするのが必要です。自分をアピールする時もあれば、相手をよく見る時間も持つようにしましょう。

でもまずは相手を理解して受け入れる姿勢を持つようにすると、相手は安心感を持つので好感度を上げやすいのです。

こちらをアピールすることに夢中になりすぎると、相手を理解する余裕がなくなってしまうので、相手の話を聞いて知っていくことから始めていきましょう。