「好きになったら仕方がない」とはいうものの、ハッピーエンドにほぼならないのが不倫です。男性側はあなたと不倫をしているときにどういう心理でいるのでしょうか、分析してみました。

その1.現実逃避

不倫男性は現実逃避モードになっている可能性が高いです。仕事や家庭、育児、金銭的な問題などから目をそらしたい、女の人との恋や快楽に逃げ込みたいという男性に多くみられます。

この手の男性は自分の行なっている不倫行為が妻にバレるとまずいというのはわかっているのですが、あえて考えないようにしています。「ま、大丈夫じゃないの」と油断している状態とも言えるわけです。

あくまで不倫相手と付き合っているのは現実逃避に過ぎないので、現実に引き戻された際には一瞬で関係は終わりを迎えます。「不倫を続けるのがまずいと素に戻った」「妻に感づかれた気がする」「お金がない」「不倫相手が結婚を迫るようになった」など様々な要因で現実に引き戻されます。

その2.自暴自棄

現実逃避の悪化版とも言えます。ここまでくると抱えている問題が色々と悪化しているのですが「もうなるようになれ」と思っています。ですので不倫相手の扱いも雑になっている可能性が高いです。

妻にバレてももはやいいと思っている場合があります。離婚等も覚悟している状態です。

不倫相手にとってむしろ危険な男性と言えます。「お前と一緒になろうと思ったから離婚した」と言われる可能性があるからです。むしろ女性の方が火遊びだった場合、裁判等のトラブルになる可能性があります。なにせ男性は自暴自棄ですので失うものがありません。

さらに自暴自棄なので様々な面に対して無責任になっている場合もあります。女性にとっては非常にリスクが高い相手になってしまっているので、関係の解消を検討すべき状況です。

その3.とにかくsexしたい

妻との性生活に不満があったり、有り余る性欲を抑えることができない、たくさんの女性とsexしたいという心理の男性もいます。この手の心理の男性はとにかくsex第一主義なのである意味わかりやすいです。女性としては「体目的でしかないのね」と不満に思うでしょうが、逆に後腐れはない可能性があります。

逆に最初はもしかしたらsexだけの関係かもしれませんが、お互いに深入りするようになると、体の相性がいいだけに離れられなくなり泥沼化する可能性もあります。割り切った関係は割り切った関係のまま、続けるなり頃合いを見て終わらせるなりするのが吉です。

その4.スリルを楽しみたい

不倫のスリルを楽しみたいという心理の男性もいます。妻にバレないように二重生活を送るのが快感というタイプです。不倫相手のことももちろん好きではあるのでしょうが、どちらかというとシチュエーションに酔っているとも言えます。現実離れした物語の世界の主人公のように錯覚しているのです。現実逃避タイプにやや近いかもしれません。

とは言え自暴自棄タイプのように肝が座ってはいないので、本当に妻にバレそうになったり不倫相手の女性が本気になったりすると、素に戻ります。頭は働くタイプが多かったりするので、どうスマートに関係を解消するか作戦を練るでしょう。

女性からすると、本気なように見えたけど別に誰でも良かったのね…という気分にさせられやすいタイプかもしれません。

その5.妻に無関心

妻に無関心な不倫男性の心理はバレようがバレまいがどうでもいいと思っています。これは自暴自棄とも少し違っていて「妻も俺に関心がない」と確信しているパターンです。例えば「妻が不倫しているのも知っているけど別にどうでもいい」「お互いに不倫してるし興味ないけど、子供がいるから別れる気は無い」など完全に夫婦生活が破綻しているけど離婚はするつもりがないというケースがあります。

ある意味不倫相手の女性にとっては楽な相手と言えますが、女性がいくら本気になっても結婚には結びつきません。長く付き合えるかもしれませんが切ない結末になりがちです。

まとめ:不倫男性の心理に応じて潮時を考えよう

不倫から略奪婚へというケースがないとは言えませんが、基本的にはバッドエンドで終わることがほとんどです。男性側も不倫女性に全てを話しているわけではないので、蓋を開けてみたら…というパターンも多いでしょう。不倫をした場合、常に潮時を考えながら付き合う必要があります。