何年も大切に育ててきたペットが亡くなってしまい、その寂しさからペットロス症候群に陥ってしまう人が増えています。ペットロス症候群とは、ペットとの別離が大きなストレスとなり、うつ病などの精神疾患に罹ったり、心筋梗塞や脳梗塞などを起し、最悪の場合死に至ってしまうことさえある危険な病気です。

ペットロス症候群に陥らない為には、いったいどんな事に気を付けてペットとの日々を過ごせば良いのでしょうか。

ペットの寿命を意識して生活する

一般的に家庭で飼育されているペットの平均寿命はどれ位なのかをご存知ですか?

ゴールデンレトリーバーなどの大型犬は約12年、プードルなどの小型犬は約15年、猫は約13年、ハムスターは約3年、ウサギは約7年、フェレットは約8年とされています。平均寿命ですから、もっと長生きするペットもいれば、早くに亡くなってしまうペットもいます。

ペットを飼ったことがある方なら経験があると思いますが、ペットとの時間というのは思いのほか早く過ぎて行くものです。10年などあっと言う間です。目の前で元気に遊んでいたり、可愛らしく甘えてきたりするペットがいなくなってしまう日が来ることなど、今は想像ができないと思いますが、毎日の生活の中で時々はペットの寿命というものを思い出して下さい。

いつか必ずやって来るペットとの別れを想像することは辛いですが、そうする事によって、段々と覚悟が出来てきます。ペットの死因は、老衰や病気だけとは限りません。不慮の事故や心臓発作で突然亡くなってしまうことも考えられます。そんな時でも、ある程度の覚悟ができていれば、ペットの死を受け入れることができるでしょう。

ペットはペットとして扱う

ペットは愛くるしい仕草や可愛らしい表情でわたし達を魅了します。ペットを相手にしていると、つい赤ちゃん言葉で話しかけたり、無性に抱きしめたくなることがありますね。

よく聞かれる言葉に「ペットは家族同然」というものがあります。日々の生活を共にし、辛い事があった時には、ペットは無言で飼い主を慰めてくれる存在ですから、この言葉は間違ってはいないのですが、「ペットは家族」とまで言い切ってしまうようになると、ペットロス症候群に罹る危険度がぐっと高まります。

ペットは与えた愛情と同じか、それ以上の癒しをわたし達に返してくれますし、嘘をついたり裏切ったりすることもありません。「人間よりもよっぽどペットの方が信用できる」と言う人の気持ちも分からなくはないのですが、ペットを人間と同等のものとして扱ってしまうのも、ペットロス症候群への扉のノブに手をかけているような状態です。ペットは人間ではない、という当たり前のことが、実は分かっていない人が意外に多いのです。

チワワなどの短毛種の犬に洋服を着せるのは、散歩中に地面からの反射熱がお腹に直接当たるのを防ぐのが目的ですが、なかにはペットを少しでも可愛く見せようと帽子を被せたり、靴を履かせたりする人がいます。ペットを自分の子どものように感じ、擬人化してしまっているのです。ペットは人間ではありません。ペットの幸せのためにも、ペットロス症候群に陥らないためにも、ペットはペットとして扱ってあげましょう。

ペット以外に夢中になれる趣味を持つ

ペットが亡くなった後、悲しみに浸る時間が十分にある場合も、ペットロス症候群になりやすいです。ペットがいる時は、ペットのハウスを掃除し、ペットと遊び、犬なら毎日散歩に行き、ご飯をあげ、スキンシップを取り……と、思っている以上にペットと関わる時間は多いです。それらの時間はペットがいなくなることにより、すべて失われてしまいます。

心にぽっかりと穴が開いてしまう方が普通なのかも知れません。ただ、そこから立ち直る人と、いつまでも悲しみに沈みこみペットロス症候群になってしまう人の違いには、悲しんでいられる時間が多いか、少ないかも大いに関係してきます。

例えば、仕事を持っている人ならば、少なくとも仕事中はペットの死を心の隅にしまっておけるでしょうし、育児に追われている人ならば、自分の子どもの世話で忙しく、気も紛れるでしょう。そうして時間が経つうちに、徐々にペットの死のショックも薄らいできて、やがて穏やかな気持ちで、ペットとの楽しかった時間を振り返ることができるようになります。

ところが、自由な時間の多い人は、自分の時間をどう使うのかは本人次第です。一日中、ペットの死に涙して、亡くなったペットの使っていた物に囲まれて暮らしていては、ペットロス症候群への道にまっしぐらです。そうならないためにも、ペットが元気でいるうちに、自分が好きなことや夢中になれる趣味を見つけておきましょう。

そうすれば、仮にペットが亡くなったとしても、趣味に没頭することで気も紛れますし、少なくともその時間だけはペットのことを考えずに済みます。趣味を通じて知り合った友人に話を聞いてもらうのも良いでしょう。自分の身の内にこもっている悲しみの感情を吐き出すことで、とても気持ちが楽になりますし、人に話すことは思考の整理にもつながります。

少し冷静な目で自分を見つめることができるようになれば、ペットロス症候群になる可能性も低くなります。

 

多頭飼いをする

もし、飼っているペットが年を取ってきて、そろそろお年寄りの域に入って来たときに、「もしかして、このペットがいなくなってしまったら、自分はペットロス症候群になるかも」と思われる方におすすめしたいのが、新しいペットを迎えるというものです。

ペットが死んだときの保険のためのようで嫌だ、と思われる方もいるかも知れませんが、ペットロス症候群に罹ってからでは遅いのです。年老いたペットが亡くなってしまっても、他のペットが側にいてくれれば乗り越えられそうな気がするならば、二頭目のペットを迎え入れるべきでしょう。ただし、その時の飼い方には注意が必要です。動物は先住権を重要視しますから、何をするにも高齢のペットを優先してあげて下さい。ご飯をあげるのも、散歩から帰って来たときに足を洗うのも、すべて高齢のペットが先です。

この順番を間違えると、後から飼ったペットが「自分のほうが偉いんだな」と勘違いをし、高齢のペットと先住権を巡って喧嘩を始めますから、注意して下さいね。

亡くなったペットの遺品整理をする

ペットが亡くなってから、何日経っても何もやる気が起きない、落ち込みがひどい、もしかしてペットロスかも?と思った時には、思い切ってペットの使っていた物を整理しましょう。どうしても処分できない時は、いったん物置や収納スペースにまとめて仕舞い込んで下さい。

亡くなったばかりで遺品整理をするなんてひどい!と思われるかも知れませんが、想像してみて下さい。ペットが使っていたサークルがなくなるよりも、サークルはあるけれど、いつもそこにいたペットだけがいない方が悲しくありませんか?ペットロス症候群に罹ってしまう前に、ペットの遺品整理をしてみるのもひとつの方法です。

まとめ

ペットとの永遠の別離は、飼い主にとっては非常に辛い経験です。しかし、それ以上にペットと共に過ごした楽しい思い出には価値があり、永遠に飼い主の心の中で生き続けます。だからこそ、いつの時代でもペットは人間とともに生きているのでしょう。

そして、可愛がってくれた飼い主が幸せになってくれることこそ、亡くなったペットが一番望んでいる事なのではないでしょうか。大好きなペットを悲しませないためにも、ペットロス症候群に陥らないための予防は大切です。