今やネットショッピングをしたことがないという人がいない程、多くの人がネットショッピングを楽しんでいます。ネットショッピングをする場合料金の支払方法はいくつかありますが、代表的なのがクレジットカード払いです。「PayPalは通常のクレジットカード払いや銀行振り込みなどと何が違うでしょうか。また、どのようなメリットがあるのでしょう。

PayPal(ペイパル)のメリット

PayPalは世界で2億人以上が利用している決済サービスです。PayPalの最大のメリットは安全にクレジットカード払いができるという点です。予めPayPalのアカウントを作成して、クレジットカードを登録しておくことで支払い時にPayPalでの支払い方法を選択するとショッピングサイト側に自分のクレジットカード情報を教えることなく支払いを行うことができます。

私たちが普段インターネット上で買い物をするときに一般的な方法は、クレジットカード払いや銀行振り込み、もしくは自動引き落としです。これらの決済方法はwebサイトの支払い情報のところに、自分のカード情報を入力しなければありません。セキュリティ対策がされているとはいえリスクがありますし、自分のカード情報を取引相手に知られたくない場合もあるでしょう。

 

PayPalはこの取引を仲介するプラットフォームです。つまり、取引相手に直接あなたの個人情報が伝わることはありません。お金を支払う側はあなたのメールアドレス宛に送金をするだけです。するとメールアドレスに紐づいたあなたの口座に入金がされます。送金する側にとっても自分の情報が漏れないのです。

また、PayPalは世界的なサービスなので通貨にかかわらず利用できますし、送金着金も24時間可能です。ほとんどの場合取引後すぐに決済が完了しPayPal口座に反映されます。

PayPal(ペイパル)のデメリット

非常に便利なPayPalですがデメリットもあります。

まず、PayPalのメリットで紹介したとおり、PayPalはアカウントを作ってクレジットカードを登録しておけばアカウント情報だけで支払いを行うことができます。

簡単で便利な反面、PayPalのアカウントとパスワード情報さえ分かれば誰でも支払いを行えるということなので、アカウントが乗っ取られて悪用される可能性は全く無いわけではありません。

フィッシングメールやなりすましメールなどでPayPalのアカウント情報を抜き取ろうとする人たちもいるので、アカウント情報はしっかりと守る必要があります。

ただ、PayPal側でもセキュリティ対策をしっかりと行っていて、365日24時間の監視システムで不審な取引があった場合などの対応を行うようになっています。

https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/paypal-safety-and-security

よくわからない通販サイトに自分のクレジットカード情報を教えるほうが危険なので、PayPalを利用するほうが良いですが、PayPalを利用したからと言って全てが安全になるということではないということを頭に入れておきましょう。

まとめ

今回は、PayPalのメリット、デメリットについて紹介していきました。PayPalはメリットが非常に大きい決済サービスです。

安心安全に、PayPalを利用して便利でスピーディーな決済を!