仕事が辛くても辞められないという悩みを抱えている方は多いようです。辞めることを言い出せないのか辞めさせてもらえないのかによっても対処方法は変わります。

辞めることを言い出せない

辞めることを言い出せない場合は、どのような思考回路になっているのでしょう。よくあるパターンをあげてみます。

 

職場が人手不足で自分が辞めたら迷惑をかける

「ただでさえ人が足りないのに自分が辞めたら後に残った人がどうなってしまうのだろう」「この業務を担当しているの自分だけだから抜けたら大変なことになる」というような責任感で辞めることを職場に言えないパターンです。

しかし、あなたがそう考えている間に他の人がどんどん抜けていくかもしれません。また、本来人員配置や欠員補充は会社がケアしなければならいないところですが、あなたのような責任感の強いスタッフが我慢すればするほど会社はそれを怠った状態を持続させます。ですので辞めたいと思っているあなたは損をし続け、得をするのは会社だけです。

上司が怖くて辞めると言い出せない

パワハラが常態化しているような会社の場合「辞めるなんて言ったらなんて言われるか、恐ろしくてとても言い出せない」という場合もあるでしょう。残念ながらこれは会社やパワハラ上司の思うツボです。辞められて困るのは会社であり上司なのです。それを言わせないということによって奴隷的な労働力として搾取し続けているわけです。辞めると言い出せないのは会社の掌で転がされているのと同じです。

辞めた後のことが不安で辞めると言い出せない

「辞めた後に仕事が見つかるか不安でズルズル仕事を続けてしまっている」という方もいるかもしれません。この場合はまず情報を集めることが大切です。転職サイトに登録してみて、どんな求人が載っているのかを眺めてみる。まずは転職という行為を自分の中で具体化することで「この仕事いいな」「これくらいの条件なら転職してもいい」というような希望や目標を設定できるのです。

辞めさせてもらえない

辞めると伝えたのにいつになったら辞められるのかわからないという場合は、何が起こっているのでしょう。よくあるパターンをあげてみます。

直属の上司が話を上にあげていない

辞めることを伝えた上司が、話を上にあげていないということは割とよくあります。もしくは「ちょっとこの件は預かっておくからしばらく考えて」と言われてその後音沙汰がないというパターンもあるかもしれません。

これを直属の上司が行う理由はほぼ「自分の評価を下げたくない」という理由です。退職者が出ると部下の管理ができていないということになるため、先延ばしにしようとする行為です。その間に退職の話がうやむやになればいいなあと考えています。

とにかくしつこくどうなったか確認をするのが重要です。場合によっては直接さらに上に話すと脅すにも効果的です。

辞めたいと伝えると次の人が決まるまで待ってと言われる

後任が決まって引き継ぎを終えてから退職して欲しいと言われるパターン。これは一見常識的に見えますが、後任自体が決まらない状態では引き継ぎも当然できませんし、永遠に辞められないということになります。後任を新たに募集する場合は、いつまでに採用するのか、もし、後任が決まらない場合もリミットはいつというようにしっかり交渉する必要があります。

職場によっては後任を採用する気がないのに辞めさせないためにそのような言い方をしている場合もあるので、注意が必要です。

どうしても辞めさせてくれない場合は退職届を提出

基本的に職場は被雇用者から退職の申し出があった場合、拒否することができません。2週間前までの退職の意思表示があれば、退職をすることができます。この場合必要なのは退職願ではなく「退職届」です。

こちらがどのように伝えてもどうしても退職させてもらえない場合は、退職届を提出すれば解決します。本来は口頭でも法的効力がありますが紙で提出しましょう。万が一受け取ってもらえないような場合は、会社の本社住所に代表者宛に内容証明郵便で退職届を送れば大丈夫です。

なぜ会社は辞めさせてくれないのか

なぜ会社は辞めたがっている人を退職させてくれないのでしょう。それは新しく人を雇うのには大変コストがかかるからです。正社員を一人採用しようと思えば求人広告でも50万以上はかかるでしょうし、人材紹介だと100万は超えるかもしれません。また教育を行わなければいけませんし、社内のリソースが消費されます。業績が厳しい会社ほど新人は取れず退職もさせたくない、でも労働環境は劣悪という悪循環なのです。

まとめ:辞めたいという気持ちを大切に

辞めたいのに辞められないあなたは、はっきり言って会社に搾取されているのです。損をしているのはあなただけです。とにかく辞めたいという強い意思を示し、正当な手続きを踏むことが必要です。