異性とうまく話せないのはなぜだろう?と思いながらも、なんとかしたいとトライして難しさを感じる人がいます。今回は異性とうまく話せない思いと、今後どうすれば良いのかについてお伝えしていきます。

緊張しやすい性格

元々緊張しやすい性格の人は、同性と話すのでさえも緊張するもの。でもこれが異性となると、より緊張が強くなるのです。

緊張が強いと思った時には

相手を嫌いなわけではなくて、良い雰囲気の人だなと思うからこそ緊張をしてしまう人も。こういう時には、相手に対して「緊張してしまいます」と先に言うようにしてみましょう。先に伝えると、相手はこちらの状態を理解して話すようにしてくれるのです。もしくは、相手も異性と話すのが苦手…というケースもあるでしょう。

同じように苦手なんだと思うと、親近感を持てるのです。この人となら、これからもやりとりがしやすいと思われる可能性もあるのです。

無理をしすぎない

緊張を隠そうとして、無理をしすぎてしまう人もいます。でも無理をしすぎると結果として、疲れてしまい更に異性とのやりとりが苦手になってしまうでしょう。自分らしさを大切にして話すようにしてみると、もっと楽に相手と話せるはずです。無理をしていると分かると、相手が気を遣ってしまう例もあるのです。

相手に気を遣わせてしまうと、この場の空気も悪いものに。でも無理をせずに、自分のペースを大切にしてみると、もっと楽に相手と話せるはずです。

自責の念を持たない

なぜ緊張をして話せないのだろう…と自分に対してあまり自責の念を持たないようにしましょう。これも自分の個性なのです。努力をしても、緊張をしてしまうのは決して悪いことではありません。適度な緊張があるから、良い関係が築けるケースもあるでしょう。

このため、緊張をしてしまう自分はダメな人間だと思い、落ち込まずに自分を認めてあげるようにしたいですね。こうすれば、緊張をしても大丈夫だと自分に思えるようになるのです。そして、緊張をしたらしたで、なんとかなると気持ちを強く持てるでしょう。

自分に自信が持てない

自信がないと、異性とうまく話せないケースもあります。同性とならなんとか話せるのですが、異性となると別の場合も。もっと自分に自信が持てれば…と思いながらも、難しいと感じる例もあるでしょう。

自分を好きになれない

自分を好きになれないので、自信が持てない人もいるでしょう。自分を好きになる方法が分かれば、自信が持てるかもしれません。自分を好きになるためには、まずは自分の長所について考えてみましょう。長所を伸ばそうと思えば、これについて頑張る自分を好きになってくることも。

自分を好きになるためにと思い、あまり無理をし過ぎると辛くなる場合もあるので、気を付けるようにしましょう。自分の長所は、自分ではなかなか見えないもの。でも短所については、分かり過ぎるほど分かっている例もあるのです。

好かれないと思っている

自分は異性からは好かれないと決めつけている人もいます。異性から今までモテた経験がない、だからきっと異性から好かれないだろうと思うのでしょう。でも異性から好かれた経験がないと思っているだけで、本当は異性から好かれていた例もあるのです。

自分では気が付かないところで、片思いをされていた…というのを、後から知る例もありますよね。モテないから…と自信を失わずに、気になる相手に対しては話しかけてみるようにしましょう。話してみると、案外話せる自分がいて驚くかもしれません。好かれないと思っていたら、案外好かれていて嬉しいと思う時も。

振られたことを引きずっている

好きな人がいて振られた経験がある人は、自分に自信を持ちにくいもの。どうすればいいのだろう…と悩んでしまうのです。異性と話そうとすると、どうしても自分を振った人のことを思い出してしまう場合もあるでしょう。振られた経験が傷になり、いつまでも消えないのです。

でも異性には色々なタイプがいるため、以前振られた経験があっても、今回は分かりません。気が合って、仲良くなれるようなケースもあるでしょう。異性とは全てNGと思わずに、相手を知るためにも、話す努力をしてみたいですね。

勇気が出ない

勇気を出して異性と話す人もいれば、勇気が出ないので話せないと思う人もいるでしょう。勇気が出ないと、異性とうまく話せないままの人もいるのです。

勇気を出したい

勇気を出そうと思うと、苦しくなってしまう人もいます。勇気を出したいと思う自分と、それでもできない自分で葛藤状態になってしまうのでしょう。勇気を出せれば楽なのにと思っても、異性を目の前にするとそれができない人もいます。勇気が出ない時には、できるだけ聞き役になってみましょう。

聞き役をすると、相手とのやりとりがとても楽になるのです。聞き役をする時には、相手の話に対して興味があるように聞くようにしましょう。

聞き役になる時には

自分にとって興味のない話題だからといって、笑顔を見せずに聞くと相手はとても傷つくのです。勇気を出して異性と話したいと思うのなら、多少の演出も必要に。相槌を打ち「なるほど!」と言葉を伝えて、相手の話をしっかり聞くところから始めてみましょう。

異性とうまく話すには

異性と上手く話すための方法について、知っていれば今までよりも楽に相手とやりとりができるのです。では異性と話せない人の対処法について、考えていきましょう。

相手の様子をよく見る

相手が現在どのような状況なのか、相手の様子をよく見るようにしましょう。自分のペースも大切ですが、相手のペースを優先させるのも必要です。相手がどのような状況なのか、様子をしっかり見ているうちに話すタイミングが分かってくるでしょう。

話すタイミングが分かれば、これから先のやりとりが楽になります。相手が出しているサインを見逃さずに、やりとりをうまく進めていきましょう。

見栄を張らない

相手に対して、見栄を張ったり自慢をしたりしないことが大切です。無理に自分を魅力的に見せようとすると、不自然で違和感を与えてしまうもの。話したいと相手から思われなくなるのです。相手に対して楽しいと思える話題について、考えてみると良いですね。

相手の好きなものについて知っているのなら、この話題を出してみましょう。「〇〇が好きなんですよね」のように言うだけで、相手は熱く語りだすかもしれません。相手が熱く語っている時に、丁寧に聞くことで関係が良好になるでしょう。自分の話をちゃんと聞いてくれると思うと、相手はとても嬉しく思うものです。

自分の話をするのに夢中になると、見栄を張ったり自慢をしたりする例も。こうなると相手から引かれてしまうので、気を付けるようにしたいですね。話していて楽しい、心地良いと思われるような人柄でいるように、自分自身を高めるのも必要です。

まとめ

異性とうまく話せない心理については、努力をしていても難しいというものが多いでしょう。人には得手不得手がありますので、全てが得意な人はいないのです。もしも親しくなりたい異性がいるのなら、相手を少し観察するようにしてみましょう。好きなものや、癖などが分かってくることもあります。

でもあまりジロジロ見ると相手が不快に思うケースもあるので、そっと見る程度にしておきたいですね。このうえで、相手がどのような人か分かると、話す内容やペースなどについても分かりやすくなり、やりとりができるようになるでしょう。