銀行振り込みを行うのに、これまではいちいち銀行のATMに行って操作をしなければなりませんでした。しかしネットバンキングやPayPalを使えばPCやスマホから一瞬で振り込むことが可能です。

インターネットバンキングとは

月末になると銀行のATMに長蛇の列ができるのはおなじみの光景です。これはお給料が入金されてお金を引き出したり、光熱費や家賃の支払いをする人が増えるからです。しかしこれは大変時間もかかりますし、現金を持ち歩くリスクもあります。インターネットバンキングを使えば、手間をかけずにネット上で様々な取引ができます。

インターネットで利用できる主な取引には次のものがあります。

  • 残高照会
  • 入出金明細の照会
  • 振り込み
  • 振り替え
  • 定期預金の預入や解約
  • 外貨預金の預入や解約
  • 投資信託の購入や解約

口座にお金があれば、インターネット取引専用のサイトから入力することで様々な取引ができて便利です。

ネットバンキングを利用するためには

インターネットバンキングで振り込みを行うためには多くの銀行で別途申し込みが必要です。残高照会だけなら特別な申し込みがなくてもweb上でできる場合があります。

最近では実店舗がなくweb上の店舗のみのネットバンクも増えています。例えばジャパンネット銀行では24時間365日送金も着金も可能です。現金として引出す際にはコンビニ等のATMを使用します。

ネットバンキングのメリットは?

最大のメリットは、窓口やATMまで出かけなくても取引ができる点です。

通帳記帳に行く時間がない、面倒くさいという人は多いでしょう。自宅のパソコンで、いつでも好きなときに、残高や入・出金明細の照会ができるので、忙しいとき、天気が悪くて外に出たくない日などは、とても助かります。「引き落としがあるけど残高が足りるかな?」とか、「お金が予定通り入金されているかな?」というときも、気軽に確認できます。

また、ATMや銀行を探すことなく自宅で振り込みできるのはとっても楽ですし振込手数料が窓口よりも安くすむのもメリットのひとつです。

ネット上の振り込みのデメリット

基本的にはメリットの方が大きいですが、デメリットも一応あります。それはネット上で全て完結するため、万が一パスワード等を失った場合は、再発行されるまで時間がかかるという点です。

例えばこれがリアル店舗の場合は、窓口に身分証や印鑑を持って行けば割と早く解決が可能かもしれません。しかしネット専門の銀行等の場合はネット上の窓口以外に相談できる場所がないので、多少時間がかかります。

しかし、これはネットバンキングに限らずネットを利用してお金のやり取りをするサービスには共通した事柄です。

まとめ

日本は現金社会なのでまだまだ現金をATMに入金して振り込むというスタイルが一般的ですが、今後web上で入金を終わらせ買い物をする際は電子決済でというスタイルがさらに広まるでしょう。Web上で手続きを終わらせらせればコストも下がるので、まずはネットバンキングを利用してみてはいかがでしょうか。