クレジットカードやカードローンの支払い方法でリボ払いという方法があります。毎月決まった金額だけ返済すればいいリボ払いは、便利で安心というように謳われていますが、実際は長期的に見るとデメリットばかりです。リボ払いが借金地獄の始まりになるパターンも数多く見られます。

リボ払いは原本が全然減らない

リボ払いは支払いの額が大きくなればなるほど利息の額が大きくなります。例えば支払い残高が5万円、金利が15%だとします。この場合750円が利息ということになります。月に1万円を定額で払うリボ払いの場合1万円のうちの750円が利息ということになります。ですので9,250円の元本を返済したということになります。

しかし例えばある日海外旅行に行き、現地で20万円散財したとします。支払残高が25万円だとして金利が15%なのでなんと37,500円が金利ということになります。実際この設定はカード会社によって違いますが、理屈上は払えども払えども元本が減らずに返済額が膨れていくばかりということになります。月1万円の支払額では金利の金額にすら届きません。

リボ払いは分割払いではない

ですのでリボ払いはたくさん使っても分割して払えるから便利と考えるのは大変危険です。分割払いというよりは利息を払うことで元本の支払いを先延ばしにしてもらっていると考えたほうが正解に近いです。

ですので、リボ払いだから安心して高額な買い物をできると考えるのは後々自分の首を絞めることになります。分割で払っているつもりである日残高を確認して見たら全然支払額が減っていないということになるのです。それに買い物を重ねることで支払額はどんどん加算されて行きますので、最低の支払額では完済が非常に遠いです。

リボ払いは金銭感覚が狂う

リボ払いは消費者にとっては長期的にはデメリットしかない返済方法ですが、利用額が少ない段階でこの便利さを知ってしまうことで転落が始まる人が多いのが現実です。どれだけ買い物してもキャッシングしても毎月定額しか支払いがないということになると、借金をしているという意識が薄くなり、自分の銀行口座のような感覚になる人が多いのです。

あるカードでリボ払いで支払いをしていて気づかないうちに限度額に達してしまい、キャッシングやショッピングができなくなってしまう。慌てて別のカードを契約してまたリボ払いをする。この方法を使えば短期的には支払いが止まることはありませんが、単に新しいカードでの借金を増やしているだけですし、新しいカードを使用して払っている元々のカードの元金はちっとも減っていないということになります。

しかし、すでにどっぷりリボ払いに浸かってしまっている消費者は、目の前の支払いを乗り越えることにしか頭が回らなくなっているので借金地獄を根本から解決することが難しくなっています。

リボ払いの借金地獄を終わらせる方法は?

まずはリボ払いをしないことが最善の策ですが、もしもうリボ払いで借金を作ってしまてしまっている場合はどうすればいいのでしょうか。まず、定められている額より増額して毎月支払って行くように計画を立てましょう。

カード会社が定めている最低の支払額だと非常に長期間支払いをしないといけなくなります。多少でも上乗せをして返済をしていくように頑張ることで返済期間を短縮できます。

またリボ払いの支払う残額が少ないうちに、なるべく早く返済することを心がけましょう。残額が大きくなればなるほど上乗せして支払っても焼け石に水になる可能性が高くなります。

また借り換えという方法があります。これは別の銀行系や消費者金融系のカードローンでまとまったお金を借り、それでリボ払いの分を一括返済して、金利と月々の支払額を下げてカードローンの返済をしていくという方法です。

しかし、この方法は自制心を強く持たないとさらに墓穴を掘ることになります。せっかく返済したリボ払いの借金が完済されたことで、借金が非常にしやすい状況になっているわけです。懐が寂しい時にちょっとだけという気持ちでまたリボ払いに手をつけると、あっという間に借金が膨れ上がりカードローンで借り換えをしたのが完全に無意味になります。

リボ払いに手をつけず、使った分は月末に払う

クレジットカードの使用自体が悪いというわけではありません。マイルやポイントなどが溜まるのはお得ですし、現金を持ち歩くより便利です。ヨーロッパではクレジットカードを含めた電子決済が、買い物での決済方法の90%を超えており、スウェーデンなどではスーパーマーケットでも現金お断りの店も多いです。

ですので、現金と同じ使い方をする分には良いのです。即ち、自分のある蓄えの範囲内で使うということです。リボ払いはその範囲をたやすく踏み越えてしまうのが問題なのです。